例:
仙台のふぐ料理、日本料理店ならおのやへ。格安でトラフグを年中提供中!少人数から最大70名様まで対応しています。仙台市の日本料理店として50年の伝統。こだわりの素材と空間で贅沢な時間をお過ごしください

当店の豆腐のエピソード

豆腐料理専門店|仙台日本料理店

 

昭和46年 以前は料亭「初都」のあった土地をビルに建て直す、と言う事で店を開業した

と聞いています 開店当時は そのまま初都の屋号を引き継いでいたようです

その当時は 名脇役の「豆腐」を主役にしたいと言う事で豆腐料理専門店とし

て開業しました

当時は本当に豆腐料理と納豆だけと言う斬新なスタイルだった様です

 

 

その後 魚介類なども取り扱う様になり仙台では珍しいオコゼやトラフグも取り扱ったりしていました

その為 「豆腐」はこの店の原点であります

 

日本人のソウルフード「豆腐」大量生産が進み 本来の豆腐じゃない物が主流の世の中

あえて豆腐にも力を注いでいます


代変わりしたのがおおよそ2005年頃

初代の実父の料理を超え「美味しい」を目指すにはまずは当店の場合

基本の「とうふ」の味のグレードアップを致しました。

 

豆腐料理はこちら

自店で豆腐を作るなど試行錯誤し 結局落ち着くところは 素材を良い物を使わないと美味しい物は出来ないと言う事!!

宮城産のミヤギシロメ大豆又はタチナガハと言う種類が甘みも多く風味も豊かと言う事で 開店当時からお付き合いのある豆腐屋にお願いして作って貰っています。

試行錯誤を繰り返し 豆腐屋さんと意見交換をしながら作り上げて来た豆腐

2016年には とうふサミットが開催 東北地区 銀賞を受賞しました

おぼろ豆腐

また木綿豆腐も特注品

生で食べると ボソボソした感じですが これはあえて湯豆腐専用豆腐として作ってあるので 加熱して本領を発揮する豆腐です

(品評会では素で食べるので評価は低くなってしまします)

 

宮城県は大豆の生産量全国2位 地場産品でもある大豆 特に大粒で味も良いのがミヤギシロメ大豆なのです

 

ミヤギシロメ大豆の朧豆腐

ミヤギシロメ大豆の生湯葉

豆腐のみのコースの一部

ミヤギシロメ大豆の豆腐田楽

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 022-302-4373 昼:完全予約  夜17:30~23:00頃
【日曜、祭日は応相談】

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.