例:
仙台のふぐ料理、日本料理店ならおのやへ。格安でトラフグを年中提供中!少人数から最大70名様まで対応しています。仙台市の日本料理店として50年の伝統。こだわりの素材と空間で贅沢な時間をお過ごしください

当店名物おこぜ | オニオコゼ |高級魚

  • HOME »
  • 当店名物おこぜ | オニオコゼ |高級魚

おこぜ|仙台 日本料理|オニオコゼ

当店ではオコゼは定番で先代から看板的にやっている魚です。

この魚も猛毒がありかなり注意が必要な魚ですが特段免許は必要無い魚です

 

「おこぜ」は夏のふぐとも言われ一般的にはとても高級な魚ですが

当店では比較的安く提供しています

 

場合によってはトラフグよりも高級な魚 技術も必要、何より背びれに猛毒があって

ダイバーからは恐れられている魚です。

 

毒の種類はトラフグのテトロドキシンとは違う種類で 解毒する方法はありますが動脈

に入ったらショック死する場合も有るようです。

 

オニオコゼとは

おにオコゼ 背中に猛毒があり刺すと相当痛い、場合によってはショック死する場合もあります

秋田でおこぜは山の神様に捧げる魚とされています。 秋田の民話だと 山の神様は女性

またぎが山に入る時は背中に醜いオコゼをぶら下げて入ると「やきもち」を焼かないので無事帰ってこれるそうです。


生き造りで提供する場合 特に注意が必要です!! 背びれ前3本に特に猛毒がある為絶対にふざけて触ったり

しないで下さい  ちょっと刺さっただけで「大の大人がのたうちまわる」位痛みを感じます 

 

大動脈に毒が回った場合(深く刺したりした場合)場合によってはショック死する場合もあるそうです。

ダイバーが岩と間違えた場合踏み付けてやる事があるそうです

 

ふぐのテトロドキシンの毒と違い仙台での病院での対応はほぼ出来ないと思います。(経験上)

60度のお湯で毒は固まりますが そんな熱湯現実には無理です。

 

経験で漢方薬の解毒剤を多用すると何とか収まりますが 出来るだけそんな事にお客様はならない様

針の上部は少し切って提供していますが 念の為ふざけたりしないで下さい。


関西方面や九州で食べると市場価格がトラフグよりも高い魚、当店の数倍する場合も

夏のおこぜ 冬のとらふぐ と夏には非常に評価が高い魚ですが冬でもそんなに味は下がらない物です

 

刺身、唐揚げ、吸い物など 煮付けにもしなくは無いですが高い魚なので勿体無いのでやりません。

とらふぐに良く似ていて皮はコラーゲンたっぷり、焼き魚にすると皮目はトロトロで美味しい魚です。

 

主に日本海側で多く採れます 瀬戸内、大阪湾 東シナ海、玄海灘、日本海富山~青森

まで 陸奥湾など 宮城県側の太平洋は採れたとは聞いた事が未だ無い魚です

 

価格は超破格値です 比較的安く仕入れる事が出来る為のお値段です。

本物のオニオコゼでございます。 基本は店内水槽の活物の生き造りです

おこぜのお値段

おこぜ生き造り

オコゼの皮と肝の湯引き

オニおこぜ 唐揚げだと偽者も多いのでご注意下さい

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 022-302-4373 昼:完全予約  夜17:30~23:00頃
【日曜、祭日は応相談】

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.